ご挨拶

浄化槽は汚水を発生場所で処理する生活排水処理施設で、家屋をまたぐ管路施設を必要としないため、いわゆる空き家を除いた住居について優先的に施設整備が可能となり、これから迎える人口減少社会においても地方財政の軽減にむけ有効な生活排水対策と言えます。
同時に東日本大震災をはじめこれまで経験した震災においても、震災に強い浄化槽という事が確認され、今日浄化槽は下水道に代わる恒久的な生活排水処理施設の柱として期待されています。
設置された浄化槽の所期性能を発揮させるためには、維持管理が不可欠であることは言うまでもありませんが、保守点検においては環境省令で定められた技術上の基準に基づき実施されることが必要です。併せて、安定した処理水質を得るためには、保守点検・清掃・法定検査の三業務が連携した維持管理を行うことが極めて重要となります。
私ども広島県浄化槽保守点検協会は、処理方式の多様化が進む中、高度な保守点検技術を習得した管理士の育成に力を注ぐと同時に、広島県作成の保守点検記録票を活用した適正な保守点検業務を推進し、より信頼性の高い業務の実施を目指しております。
今後、広島県をはじめ各市町行政と協議を重ね、県民の皆様に分かり易い維持管理体制の構築に向け取り組んでまいりますので、関係各位のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
kaityou_name

副会長 池田 智成
副会長 伊藤 義博
専務 黒瀬 秀哉
理事 藤原 寛
理事 國正 佳照
理事 岡山 裕史
理事 土井 啓嗣
理事 佐伯 光生
理事 森川 正道
理事 本長 糧太
監事 川内 雄二
監事 元原 都士夫