浄化槽保守点検協会とは?

私たちの目指す姿

県民、行政から信頼される浄化槽業界の構築に向け、下記のことに取り組んでいます。

①浄化槽法、県条例及び浄化槽維持管理に係る通知等の理解と関係者への働きかけ
・浄化槽維持管理に対する環境省の考え方

②県作成の保守点記録票を使用した保守点検業務の実施と普及啓発
・保守点検記録票

③浄化槽管理士の技術レベル向上に向けた取り組み

 

運営方針

当協会は、全県下保守点検作業の統一化を目指し、県民に分かり易い浄化槽維持管理体制 を構築し、さらに浄化槽保守点検業務の技術の向上を目的とした研修会等を開催するととも に県民から信頼される保守点検業者を目指す。

 

事業計画

2021年度、広島県浄化槽保守点検協会は、6つの活動方針に関連する下記の事業に取り組む。

1.浄化槽の普及・促進に関する事業
○広島県主催による浄化槽適正維持管理促進協議会及び事業者研修会への参加
○ホームページを活用した浄化槽情報等の発信及び会員拡充

2.保守点検技術の向上及び作業内容の統一化に向けた事業
○研修会の開催等

3.適正な保守点検業務の推進
○広島県作成の保守点検記録票の活用促進
○作業マニュアルに基づく適正な保守点検の推進
○広島県、清掃団体、法定検査機関及び浄化槽メーカーとの連携